FC2ブログ
トレード日記ブログは引っ越しで、こちらでは日々のことを書き殴り♪
トレーダー集会所募集記事
Rおすすめ小遣い稼ぎ紹介
3月3日 終わらない新興バブル
2016年03月03日 (木) | 編集 |
そーせい主導だから、そーせいが崩れない限りは終わらない新興バブルだとは
思うけど・・・それにしてもどんだけ強いんだろうか。やり過ぎ感ある中で上値を
追うのはまさにバブルって感じがする。

この相場はほぼ負ける人もいないだろうし、ここで稼いだ金を最後崩壊する時
に失わないかどうかが鍵になるんじゃないかな。

まぁ僕はいつも通りしか稼げないわけですから、崩壊時にも稼がせてもらう
気満々ですがね。むしろそこが俺の土俵ってわけだし。



今日は朝すごい動いてた割に後場全然動かなくなった印象が強い。

朝はアートスパーク打診で200株を2340→2360の後に珍しく2340円で買い
直し出来た。それを2412円で売れた。

ラクーンも寄り買いから4000円取り。あとビビることが起きた。

セレスも狙ってたんだけど1487円に指値。俺の環境は左手側にモニター
1つあるんだけどそこ見てセレスが1505円で寄った後、1550円までいく
のを見た。それで・・・

「あぁ、もう買えねぇな」

って思って振り向いたら約定ポップして、確認したらセレス!

え?どういうこと?って思ったけど間違いなく1487円で買えてて今は
1497円。なんかすごいテンパった。結局捌くの必死だったからどんな
注文からこうなったのか確認出来なかったけどマジでびっくり。

あとはアルチザをけっこうやった。820円前後で買っては830円前後
で売るのを繰り返したけど、基本的に400~800株で。

最後に821~808円まで200株ずつ2円おきに並べてった感じのやつ
全部喰われて1600株一気に所持させられたのは焦った。でもそれは
834円から一気に落ちてきてのやつだから落ち着いてリカク。

その後はマイネット、イメージワン、ビーマップ等でセコくチマチマ
追加していった。

9:45の段階で50000勝ちまでいってたから、安心したようで、逆に
不安なようでって感じだった。

どちらかというと不安の方が正解だったようで前場終わっても
57000勝ち。思ったように伸ばせず。

後場に入っても特にやることなく。時々落ちてくる銘柄を買っては
薄利で撤退の繰り返し。アートスパークはもう少し取っても良かった
んだろうけど、ここ欲張って死亡は俺のパターン化しそうになった
時期もあったし、欲張らず2000円前後で撤退することを義務付け
ておいたから良かった。

14時過ぎて確認すると65000円勝ち。はい、70000いかせたく
なったでしょって?うん、なったw

でもはやる気持ちともう1つ余計な要素の気持ちがあってさ、
雑にINだけは出来ない感じだった。

結局40分くらい待ってやっとアートスパークに2284円で300株IN。
それを「一発で決めるわ」ってことで2301円に売り入れたら数分
できっちりとリカク完了出来て終了。

もう1つの余計な要素ってのはホントのホントに余計な要素
でしてねぇ。今日ロスカットなしだったんです。無論、同値撤退
さえもなし。

で?だから?

っと言われたら、うん・・・だからなんだろうね・・・。っと自分でも
そのことに何の意味もないことを知っている。そして達成して
からも特になんとも思わん。

実際毎日思ってるんだよね。早く1回ロスカットしちゃいたい
って。変な気持ちが出る前に。

実際飲まれてナンピンして平均より上でなんとか逃げた時
は建値より下で売る分もあるから必ずロスカットの部分に
計上される数値がある。だからそのおかげで気分がそっち
に流れずに済んでいた。

でも今日はそれさえもなかったから指値がめちゃくちゃ
うまくハマってたんだと思う。でもそのせいで慎重どころ
か臆病になるんじゃないかってのがあった。

でも良かったのは最後まで攻めの姿勢を保ったこと。全然
臆病にはなってなかったと思う。

悪かった点は後場早々に2699円で買ったリアルワールドを
2696円でロスカットすべき雰囲気の中、2700円で売ることに
必死になってた点。この400円の違いで死ぬケースもある。

くだらないことに必死になるのは今日だけにしておいて明日
からはまたガンガンリカクとロスカットをしていきたい。

今日は92点

預り増加額 70,218円
預り減少額 0円

本日+70000でした。




1日1回ランキングのクリックをどうかよろしくお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック