FC2ブログ
トレード日記ブログは引っ越しで、こちらでは日々のことを書き殴り♪
トレーダー集会所募集記事
Rおすすめ小遣い稼ぎ紹介
改善か改悪か・・・
2017年01月30日 (月) | 編集 |
松井に面白いデータがありましてね。

12月プラスの人のデータ
益出し保有時間 21分43秒 損切り保有時間 31分15秒
益出し時の損益率 0.67% 損切り時の損益率 -0.67%

マイナスの人のデータ
益出し保有時間 34分19秒 損切り保有時間 62分21秒
益出し時損益率 0.46% 損切り時の損益率 -0.81%

負ける人の方が保有時間長く、特にロスカット出来ない病が顕著に
表れている。また、リカク時に抜いた率は保有短い割にプラスの
人の方が抜いている。

ちなみに俺の12月
益出し保有時間 5分46秒 損切り保有時間 18分02秒
益出し時損益率 0.58% 損切り時の損益率 -0.70%

そして1月
益出し保有時間 10分47秒 損切り保有時間 50分30秒
益出し時損益率 0.61% 損切り時の損益率 -0・96%

100万以上勝った去年の2~3月
益出し保有時間 12分前後 損切り保有時間 45分前後
益出し時損益率 0.90%前後 損切り時損益率 -1%前後

復活を遂げた去年の6月
益出し保有時間 5分24秒 損切り保有時間 20分27秒
益出し時損益率 0.69% 損切り時損益率 -1.02%



これで何が言いたいか。俺は去年の2~3月のようなやり方を
今求めて動いているんだ。だけど見ての通りうまくいかない。

去年の1~5月までのデータはほぼ一緒
去年の6~12月までのデータがほぼ一緒

こうなってる。自分なりに分析すると

1~3月調子良かったので手法を固める
→結果はプラスでも4月に大きな躓きをして、5月も喰らった
ためもっと安定という変化を求めた

6月にリスクを抑えた手法に変えても大きく取れたことで
それでいこうと決める
→荒れない相場だと取れないけど安定はした

多少リスクを上げてももう少し取りにいきたい←イマココ

っということで試行錯誤しているところ。

ちなみに勝率なんだけど、松井のデータでは勝者も敗者も
52~56%になってる。難しいのはナンピン入れて平均単価
より上で売れば勝ちって思うところ、このデータは50%になる。

もちろん逆もまたしかりで、平均単価より下で売れば0%なのに
50%と表示されてしまう。

だから実際は違うと思うけど、俺のここに表示される勝率は
大体75%が続いていて、それはあまり変化がない。

損益率も多少暴れるけど大差ない。コツコツドカン型をある
程度容認してやるという意味でももう固まってるということ
なんだろうとは思う。

結局大きな差は保有時間。これについてはずっと気付いて
いたけど変化のきっかけがなかった。

これを去年の1~5月のように変化させた場合、ドカン率は
確実に上がる。しかし5万以上勝てる日は多くなるだろう。

今、このタイプにシフトしようとしつつも迷いがある。波乱を
乗り越えて80万勝つなら、安全に50万勝つ方がいいって
言ってた時期があるのにそれに逆行することになるからだ。

今書いてて思うのは、多分この文章はまとまらないと思うw
だからちょっと終わりにして時々続き書いていく。

このデータは自分的に大事なのでカテゴリ変えて保存
しておきたいと思う。



結果が簡単になってしまうけど、

・フライト
・モブ
・チェンジ
・カナミック
・サイオス
・グリペ

これで32000円取ったけど
・DMP
・セラク

これで3000円負けました。取引8回だけ。最近あまり大チャンス!
って思える場面に遭遇出来ず回数が減っている。

引っ張れるタイプじゃない以上、回数を重ねないことには利益
が伸びないことくらい理解している。でもだからといって
やみくもに突っ込んでスキャることはポリシーに反する。

今は仙水編の桑原のように覚醒前で霊感がなくなって冬眠
している時期なんだと思って明日も頑張る。

先週も言ったけど、なんか掴めそうな気がするんだよ。でも
それは去年の自分に戻るだけじゃんってことかも知れない。

だからその場合改善なのか改悪なのか微妙っちゃ微妙。
でも相場は物の怪、どんどん姿かたちを変えてくるもの
っていう持論があるんだから、去年の1~5月データが
使える相場になってると自分で本当に思うのならそう
するのがいいと思う。

でも大きく取りたいという気持ちだけが先走ってるだけ
ならどこかでまた躓くだろう。その時直せばいい。

本日+29000でした。




1日1回ランキングのクリックをどうかよろしくお願いします☆
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック